憲章

新多磨地区ローバースカウト会 憲章
第一章
名称
当会の名称は「新多磨地区ローバー会」とする

第二章
目的
第一項
地区内におけるユース年代の活躍の出来る事業を行う。

第二項
ユース年代のスカウト活動に対する意思決定の参画の場を作る

第三項
新多磨地区に属するローバースカウト同士の交わりを通して情報交
換するとともに親睦を深める

第三章
組織
第一項(構成員)
当会はボーイスカウト東京連盟新多磨地区に所属する全ローバースカウト及
び、同年代の全ボーイスカウト指導者とする
第二項(組織)
当会は下記の役員を配置し、役務は以下の通りとする
(1)議長:当ローバー会の総括。必要に応じ地区コミッショナー、担当副
コミッショナーへの報告、また助言を求める。
(2)副議長:議長の役務の補佐。
(3)書記:当会議の文書及び資料の管理。議事録の作成等。
(4)会計:当会の資金の管理及び保管。出納帳の作成等。

第二項(任期)
上記役員の任期は以下の通りとする
毎年度の総会後から次年度の総会までとする。

第三項(選出)
役員は立候補または推薦を経て定例会にて承認する。

第四章
会議体
第一項
当会は以下の会議を設ける。
(1)定例会
(2)臨時会議

第二項(定例会)
定例会とは地区ローバー会の任意の参加とし、参加者の意見をもとに、意見
交換の場や事業の立ち上げの準備の場とする。

第三項(臨時会議)
臨時会議とは議長の判断で開催される臨時の会議の場とする。

第五章
幹事会
第三章第二項に規定されている役員をもって幹事会を構成する。幹事会は、
議長の判断で招集され、会の進行方法の検討を行う。

第六章
資金
第一項
当会の財政・資金は以下の通りとする。
(1)地区からの補助

第二項(資金の管理)
(1)第五章に規定された会議については地区からの補助で補い、会計がその
資金の管理を行う。尚、各事業で運用される資金については予算作成と
決算報告を別途行い、これに含まないものとする。
(2)新多磨地区ローバー会は寄付金を一切受け取らないものとする。

第七章
憲章の修正
ここに定めない事項または改正を要する事項が発生した際、事由発生毎に幹
事会が修正案を作成提示し、臨時会議において出席者の三分の一以上の賛成
を持って決定とする。

第八章
書類関係
第一項(書類関係の保管)
下記の書類関係は議長の指示に従い、書記が管理する。
(1)議事録
(2)当会内のプロジェクト関係書類
(3)会計担当により記録された出納帳
(4)当会構成員の個人情報
第二項(書類関係の閲覧)
上記の書類関係は会長又は書記の承認を得て、閲覧可能である。

第九章
憲章の効力
平成26 年5 月3 日 成立
平成26 年5 月3 日 施行

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中